IEC/TC 1・TC25国内委員会

国際標準化ユニット

IEC/TC 1(用語)・TC 25(量及び単位)国内委員会

(1)最近の動向

・2017-01     IEV 871(AAL)回付中
・2017-01   IEV 171 (デジタル技術) CD終了
・2016-12   IEV 811(電気鉄道)及びIEV 821(鉄道信号など)FDIS承認 
・2016-10   IEC/TC 1フランクフルト総会TC 25フランクフルト総会開催、
 日本から2名派遣
・2016-02   IECのWEBサイトに“科学技術コミュニュケーションにおける用語の
 役割”掲載
 [“Role of terminology in scientific and technical communication”
 原文はこちら(IECのWEBサイトにジャンプします)
]
・2016-02    IECの発行する“SMB Newsletter”の2016年2月号に“TC 1&IEV” 掲載
  [SMB Newsletter Issue Nº2 – February 2016 原文はこちら(PDF)]
・2016~   ISO/TC12と共同で、ISO, IEC 80000(量及び単位)シリーズ改訂中

 

過去のニュースはこちら

 

 

(2)IEC/TC 1・TC25国内委員会の紹介
IEC/TC 1・TC 25国内委員会は、IECのTC 1(Terminology)及びTC 25(Quantities and units)に対応したひとつの国内委員会です。

IEC/TC 1(用語)
水平規格であるIEC 60050シリーズ(International Electrotechnical Vocabulary:国際電気技術用語集)の作成及びメンテナンスを行っています。IEC 60050シリーズ は、タイトルの頭文字をとって通称IEVと呼ばれ、現在88パートからなり、そのWeb版はElectropedia(エレクトロぺディア)としてIECのサイトに公開されています。IEVは公用語とともに各国語の用語が与えられており、当国内委員会は、国内の他の委員会と協力しながらIEVの日本語用語を作成しています。

作業範囲(和訳):様々な電気技術分野における用語と定義を承認し、様々な言語における同義語を決定すること。その主旨に従い、技術文書、教育、技術仕様、商取引に用いられる電気・電子分野の学術及び技術に関する用語の標準化と整合化を目的に、各種言語における同義語の選択も含めて、国際電気技術用語集を作成する。
IEC/TC 1のスコープ、幹事国などの情報はこちら

IEC/TC 25(量及び単位)
水平規格であるIEC 80000-6、-13(量及び単位 第6部電磁気、第13部情報技術)、IEC 60027シリーズ(電気技術の文字記号)など作成及びメンテナンスを行っています。IEC 80000シリーズはISO/TC 12(量及び単位)と共同で開発しISO/IEC 80000シリーズとして発行され、我が国ではJIS Z 8000 群(量及び単位)として広く利用されています。

作業範囲(和訳):電気・電子技術に用いられる量及び単位の国際規格を作成すること。本国際規格が対象とする範囲は、量及び単位の定義、名称、文字記号、用法、それらの表記の相互関係、それらの表記に使われる記号や符号になる。
IEC/TC 25のスコープ、幹事国などの情報はこちら

 

(3)IEC/TC 1・TC 25国内委員の情報

  • 2016-02-10 H27-3 IEC/TC 1・TC 25国内委員会 開催
  • 2016-06-16 H28-1 IEC/TC 1・TC 25AG 開催
  • 2016-10-03 H28-1 IEC/TC 1・TC 25国内委員会 開催
  • 2016-11-14 H28-2 IEC/TC 1・TC 25AG 開催
  • 2016-12-16 H28-2 IEC/TC 1・TC 25国内委員会 開催
  • 2017-03-10 H28-3 IEC/TC 1・TC 25国内委員会 予定

 

(4)TC 1・TC 25国内委員会へのお問合わせ(問い合わせフォームにリンク)