ISOグローバルディレクトリへの登録

ISOグローバルディレクトリへの登録

ISOの規格開発に携わるには:

ISO規格開発に携わるには、ISOが用意する各種電子ツールを利用し、文書の入手、投票などを行うことが必要です。
したがって、これらを行うTechnical Committee(TC)/Subcommittee(SC)/Working Group(WG)の委員・エキスパート、国内審議委員会事務局の方は、まず始めにISOのグローバルディレクトリ(Global Directory:GD)と呼ばれるユーザ管理システムに登録することが必要です

グローバルディレクトリ(GD)登録の申請について

JISCを代表してISO活動に参加する方、国際委員等は、以下に示す「ISOTCサーバ(以下、TCサーバ)」と「電子投票システム」を利用するために登録が必要です。


1. GD登録の種類と対象者

GD登録は、個人の役割に従って登録を行います。GD登録を申請する方は、まず下表の「対象者」を参照し、ご自分が該当する「登録の役割」を特定してください。

(2017年6月より下記の表に変更になりました。)

登録の
役割
登録単位対象者主な
アクセス先
注4)
eCommittees:委員会
メンバー
注1)

eCommittees:
Committee Member

TC/SC TC/SC日本代表委員(TC/SC会議参画の国内委員会委員長・委員) eCommittees
(ISOTCサーバ)
(登録したTC/SC/WGに限ってアクセス可能。)
国内審議委員会事務局 等
WG メンバー WGエキスパート
オブザーバ オブザーバの役割はなくなりました。下記の*1をご参照ください。
NMC:
委員会メンバー
注2)

NMC:Committee member 2013年5月3日よりNTCLiteに切り替わるためNTCメンバーに名称が変わります。

TC/SC 上記以外の国内対応委員会メンバー等 NMCサーバ 2013年5月3日よりNTCLiteサーバに名称が変わります。
(登録したTC/SCに限ってアクセスが可能。)
 
投票者
注1) 注3)

Voter*2

TC/SC CIB投票者(NP/CDなど) Balloting Portal
eCommittees
(ISOTCサーバ)
(登録したTC/SC/WGに限ってアクセス可能。)
DIS/FDIS/SR投票者(JTC 1のSCを除く)
サポートチーム
Support Team
TC/SC WG*3 TC/SC国際幹事のサポートチーム

WGコンビーナ/事務局のサポートチーム

eCommittees
(ISOTCサーバ)
(サポートする国際幹事/コンビーナ/WG事務局と同等のアクセスが可能。)
翻訳者
Translator
Member Body*4 翻訳用DIS文書の翻訳者 翻訳用DIS文書のダウンロード開始のNotification メールに記載されているURL
会議参加承認者 Meeting Participant Approver(MPA) TC/SC

各TC/SCのPメンバー毎に一名以上。以下の業務ができる方。
・GD登録のない人のTC/SC会議参加登録を行う。
・参加登録期限後に参加者本人に代わって登録する。
・登録された参加者を非承認とする。

※各TC/SCのJISC所属メンバーのみに対応。他国のメンバーについては他国のMPAが行う。

ISO Meetings

注1) 委員会文書のダウンロードと投票を同一の方が行う場合は、「委員会メンバー」及び「投票者」としてそれぞれ登録する必要があります。 注2) NMC =National Mirror Committeeの略。2013年5月3日よりNTCLite (National eCommittees Lite)に切り替わります。 注3) CIB投票者と、DIS/FDIS/SR投票者を同一の方が兼任する場合は、それぞれ登録が必要です。 注4) 各サーバの説明は、「4.参考」をご参照ください。

*1 2012年9月より、WGの「オブサーバ」の役割はなくなりました。従いまして、現在オブザーバ登録している方は、eCommittees委員会メンバーもしくはNMC委員会メンバー(2013年5月3日よりNTCメンバーに名称が変わります。)への変更手続きをお願い申し上げます。その際は、2.登録申請方法にある申請フォームをご使用ください。

*2 2012年9月より、「Balloter」は「Voter」に名称が変更されました。

*3 国際標準化ユニットでは、下記の表の「ISO中央事務局が登録する役割」に該当する方
は、登録を行なっておりません。直接、ISO中央事務局へお申し出ください。なお、TS/SC国際
幹事については、日本工業標準化調査会(JISC)がISO中央事務局へ登録申請しますので、
JISCへお申し出ください。

 

国際標準化ユニットが登録する
役割
ISO中央事務局が登録する役割
  • eCommittees:委員会メンバー
  • NMC:委員会メンバー 2013年5月3日よりNTCLiteに切り替わるためNTCメンバーに名称が変わります。
  • 投票者(JTC 1のSCを除く。2014年9月より)
  • TC/SC国際幹事のサポートチーム
  • WGコンビーナ/事務局のサポートチーム(2012年9月よりISO中央事務局が登録する役割になりましたが、再度2014年9月より当会が登録する役割に戻りました。)
  • 翻訳者
  • MPA:会議参加承認者(2017年6月より)
  • TC/SC議長・国際幹事
  • 議長のサポートチーム
  • WGコンビーナ
  • プロジェクトリーダー(PL)
  • リエゾン代表者
JISCがISO中央事務局へ登録申請する役割
  • TC/SC国際幹事 *詳細はISO/IEC事務処理要領をご覧ください。(JISCサイトへ)

*4 「翻訳者」の役割は、TC/SCごとではなく、Member Bodyごとの登録となります。そのため、担当TC/SC以外のNotification メールも受け取ることになります(一週間に平均数十件と推定)。


 

2. 登録申請方法

申請フォーム: GD登録申請フォーム(Excel)(メールアドレス等の変更も申請フォームをご利用ください。)
記入方法: 上記フォームのシート 「記入方法」を参照し、必要事項を記入の上、ISOの各TC/SCの国内審議委員会事務局を通じてご提出ください。
 注:ステークホルダーカテゴリ(所属分野)の種類
A: Industry and commerce(商工業) 製造業、サービス業、倉庫運輸業、小売業、保険業、銀行業等
B: Government(政府)
C: Consumers(消費者、消費者団体等)
D: Labour(労働組合)
E: Academic and research bodies(学術・研究機関)
F: Standards application(標準化関連事業)試験、認証、認定事業等
G: Non-governmental organization(NGO)
提出先: メールアドレス [e-iso@jsa.or.jp]
(国際標準化ユニット GD登録担当者宛)までお送りください。

※新規登録、変更、削除 全ての申請に上記フォームをご利用ください。
※前任者の削除を忘れず行ってください。
※日本規格協会の個人情報保護方針については、個人情報保護方針ページ を参照ください。


3. グローバルディレクトリ登録後のパスワード設定方法

*2012年9月より登録後仮パスワードは発行されなくなりました。自動送信されるメールの案内に従ってパスワードをお手続き下さい。パスワードが分からなくなった場合、ご自身でパスワードの再設定が可能です。グローバルディレクトリ(GD)登録後のパスワード設定ガイドをご参照ください。

なお、ISO電子ツール(参照:4. 参考 : GD登録後の各種電子ツールの利用)は、GDと連動して
動作しています。そのため、各電子ツールへのログイン時は、GDと共通のユーザ名、パスワードを利用します。


4. 参考 : GD登録後の各種電子ツールの利用 / 参考資料

GD登録時の権限に従って、下記の電子ツールを利用することが可能になります。

ISO電子ツール名説明アクセス可能者
eCommittees
(ISOTCサーバ)
  • 文書を閲覧・ダウンロードするためのサーバ。
  • 委員会活動に積極的に参加する委員、エキスパート、国内審議委員会事務局、投票者などが利用する。
  • TC/SC/WG毎の登録が必要。
委員会メンバー
投票者 注5)
NMCサーバ 2013年5月3日よりNTCLiteに切り替わります。
  • eCommittees(ISOTCサーバの文書コピーサーバ)。eCommittees(ISOTCサーバ)と同一の文書が閲覧・ダウンロードできる。
  • 委員会活動に積極的に参加しない国内対応委員会メンバーが主に利用する。
  • TC/SC毎の登録が必要(直下の全WGフォルダ閲覧可)
NMCメンバー 2013年5月3日よりNTCLiteに切り替わるためNTCメンバーに名称が変わります。
Balloting Portal
  • 投票者(Voter)がログインし、CIB投票、DIS/FDIS投票、定期見直し(Systematic Review, SR)について電子的に投票を行うためのツール。
投票者
Project portal
  • プロジェクトのステージ進捗管理ツール。
  • GD登録者全員がアクセス可能。
全てのGD登録者

ISO Meetings
(2017年4月より)

  • TC/SC/WG会議等の設定を行う(幹事、コンビーナ)
  • 設定されたTC/SC/WG会議等に参加登録する(全GD登録者)
  • GD登録が無い方を代行で会議参加登録する(MPA)
全GD登録者(役割によってアクセス権限が異なる)

注5) ISOTCサーバのアクセス権限は、役割によって異なります。詳細は、ISOのホームページ をご参照ください。

※ISO電子ツールへのアクセスは、ISOのトップページから、「Taking Part」→「Resource area」の順にクリックし、画面最下部の「IT tools for standards development」一覧から可能です。

参考資料

※ ISO電子ツールを利用した規格作成のマニュアルについては、ISO/IECの規定・政策等 から【2】 ISO規格作成の際の手順類をご参照ください。

お問い合わせ

 一般財団法人 日本規格協会 国際標準化ユニット
 〒108-0073 東京都港区三田3-13-12三田MTビル
 TEL: 03-4231-8520
 担当者: 鈴木 (受付:今岡)
 E-mail: e-iso@jsa.or.jp