アクセス    お問合わせ   文字サイズ   
En

JISマーク表示制度

JISマーク表示制度について

  1. JISマーク表示制度は、工業標準化法に基づく日本工業規格(JIS)への適合性評価制度です。鉱工業品の重要な品質をJISとして定め、個々の製品がその該当するJISに適合していることを国から登録を受けた第三者(登録認証機関という。)が評価し、更に品質管理体制がJISマーク省令*に適合していると認められた場合に、その証明として該当する製品にJISマーク(図1参照)を付けることができる制度です。

    * 日本工業規格への適合性の認証に関する省令
  2. 鉱工業品に対するJISマーク表示(図1のA)の申請は、製品規格(約4000規格)のうち、認証制度に適用できる規格がその対象となります。つまり、JISに、性能・品質と、それらを確認する試験方法が完備し、かつ、表示事項が明確になっていることが必要です。
  3. JISマークの表示は、国内外の製造業者(加工業者を含む。)のほか、販売業者、輸入業者、外国の輸出業者でも申請し認証を受けることができます。
  4. JISマーク表示制度の概要は、図2のとおりです。

    JISマーク表示制度は、JISごとにこれを所管する大臣(主務大臣)が責任をもっており、登録認証機関に対して定期的な登録の更新手続に加え、立入検査等を行い、必要に応じて改善命令などを行うことができます。また、認証取得事業者にも、必要に応じて立入検査等を行い、JISマークの表示除去命令や販売停止命令などを行うことができます。ただし、認証の取消しは、登録認証機関が行います。

日本規格協会のJISマーク表示制度支援

日本規格協会では、JISマーク表示制度に関する普及・啓蒙活動を行っています。その一つとして、登録認証機関相互の円滑な情報交換等を目的として設立されたJIS登録認証機関協議会の事務局を務め、本制度の更なる発展と信頼性の確保に向けた活動を行っています。特に、JIS登録認証機関協議会が発信する、ホームページの管理・運営を行っています。
JIS登録認証機関協議会では次の情報提供を行っていますので、ご参照ください。

JIS登録認証機関協議会ホームページ
  • 品質管理責任者養成のための講習会基準
  • 品質管理責任者力量維持・向上のための講習会基準
  • 解釈集(共通編・コンクリート編・鉄鋼非鉄編・医療安全用具編)
  • JISCBA認証指針
  • JIS登録認証機関協議会 組織図
  • JIS登録認証機関協議会 会員名簿(各機関のホームページ等を掲載)
    (English pageあり)
また、JISマーク制度、登録認証機関及び認証取得事業者にかかわる情報は、次のホームページをご参照ください。
日本工業標準調査会ホームページ
  • JISマーク表示制度について(全般について)
  • 工業標準化法の概要(改正内容など)
  • 新たに認証を受けようとする事業者の方へ(認証の方法などについて)
  • 登録認証機関情報(各機関の認証範囲、認証区域などが検索できます。)
  • 認証取得者情報(認証取得者の連絡先、認証範囲などが検索できます。)