アクセス お問合わせ 文字サイズ
En

標準化関係の調査研究 トップ

日本規格協会では、標準化に向けての各種調査研究や規格開発事業を行っています。主に、公共性の高い共通的・基盤的な技術について調査研究/規格開発を行っており、具体的な原案作成はもちろん、標準化にむけての基礎調査や、ISOの国際対応や関連するセミナーの開催など幅広く手がけております。調査研究/規格開発は、日本規格協会が独自に行う調査に加え、経済産業省からの委託研究や(公財)JKAからの補助によって行う事業などがあります。


なお、情報分野に特化して調査研究を行ってきた情報技術標準化研究センター(INSTAC)は、平成22年5月から規格開発部に統合されましたが、引き続き、情報技術についての調査研究を行っております。

1. 日本規格協会 自主事業

日本規格協会では、強制法規関連、消費者関連、環境関連などの社会的ニーズや公共性が高い分野の規格を中心に、JIS原案の開発を行うとともに、国際提案を視野に入れた標準化調査研究を自主事業として実施しています。また、特定標準化機関(CSB)として、基礎的・共通的分野のJIS原案の作成も行っています。
主なものは次のとおりです。

2. 社会環境整備・産業力強化型規格開発事業

1) 共通基盤的分野の標準化

電気用品安全法などの強制法規に引用される日本工業規格(JIS)原案をはじめとした、共通的・基盤的なJIS原案を作成するために、経済産業省の委託を受け、利害関係者(使用者/消費者、工業会、学会)による委員会を組織して調査研究を実施しております。主なものは次のとおりです。

2) 分野横断的標準の国際対応等

製図、統計的方法の適用など分野横断的な分野やその他国際標準化を促進するために、利害関係者による委員会を組織して、我が国の意見を集約し積極的な国際提案を図るため、経済産業省の委託を受け、調査研究を実施しています。主なものは次のとおりです。

3. (公財)JKA補助事業等

1) 機械工業における国際標準化推進等補助事業

ISO/IEC等の国際的な規格開発において、我が国の提案や意見を的確に反映させるために、(公財)JKA(競輪)の補助により、規格開発の初期段階からの国際会議への参加や、幹事国業務の引き受けなどの支援を実施しております。

2) 情報技術関係の標準化促進補助事業(平成21年度)

(公財)JKA(競輪)の補助により、情報技術分野におけるさまざまな標準化テーマを探り上げ、事業を実施しました。平成21年度及び平成20年度以前の事業報告は、旧INSTACホームページ をご覧ください。なお、(公財)JKA 競輪補助事業のホームページ はこちらです。



4. 基準認証研究開発事業(国際標準共同研究開発事業 平成21年度)

経済産業省の委託を受け、日本主導の国際標準化の推進、研究開発成果の国際市場展開、産業競争力強化などを目的として、様々なテーマの国際標準化活動を実施いたしました。個別テーマの活動にくわえ、それらの総括的なマネジメント、標準化フィージビリティスタディ、重点フォローアップなどを実施しました。



1) 平成21年度実施テーマのマネジメント

平成21年度に実施する基準認証研究開発事業の各テーマについて、着実で迅速な国際標準化やJIS化を促進するため、工程管理、情報提供、助言等を実施しました。

2) 標準化フィージビリティスタディ

標準化活動の成果として、「国際標準を獲得できるかどうか」という視点から、各国の当該分野の標準化の現状・動向を的確に把握し、標準化戦略のシナリオを明確にすることを目的に、ニーズの高い分野についてフィージビリティスタディを実施しました。

なお、平成21年度におけるフィージビリティスタディは、次の8テーマです。
  • 環境計測のための免疫測定方法に関する標準化フィージビリティスタディ
  • 電力ケーブルの経済性・環境性の評価に関する標準化フィージビリティスタディ
  • ナノフォトニクスの模造品防止技術応用に関する標準化フィージビリティスタディ
  • バイオマス度測定法に関する標準化フィージビリティスタディ
  • 非鉛異方性圧電材料の性能評価方法に関する標準化フィージビリティスタディ
  • ホログラムの光学的特性測定方法に関する標準化フィージビリティスタディ
  • マルチモーダル生体認証における認証評価基準に関する標準化フィージビリティスタディ
  • 半導体デバイスに関する標準化フィージビリティスタディ

3) 重点フォローアップ

研究開発事業の終了後3年以内の標準化テーマの中から、我が国が特に技術的に優位にあり、標準化ニーズが高く、着実に国際標準の獲得が見込めるものなどを重点的に推進すべきテーマとして選出し、委員会開催、海外派遣、追加試験の支援などのフォローアップを行いました。

なお、平成21年度の重点フォローアップは、次の7テーマです。
  • 建材からのVOC等放散量の評価方法に関する標準化
  • プラスチックリサイクルの標準化
  • ブロードバンドFTTH時代に向けた高品位光伝送システム用光部品・モジュールの安全
  • 性及び信頼性の標準化
  • 汎用電子情報交換環境整備プログラム
  • MEMSデバイス機構材料の特性計測評価方法に関する標準化
  • 有機薄膜の高精度組成分析のための標準化
  • 繊維複合材料の発展型及び基礎的強度試験法の標準化

5. 情報分野の調査研究(旧INSTAC)

情報技術標準化研究センター(INSTAC)は、平成22年5月から、規格開発部に統合されました。