アクセス お問合わせ 文字サイズ
En

農林水産省委託事業令和3年度
「JAS等の国際標準化による輸出環境整備委託事業」
国際標準化人材育成セミナー


日本の農林水産物・食品の輸出額は、2012年の約4,400億円から倍増し、2021年には、1兆円を突破したところです。今後も、日本の農林水産業・食品産業の発展に資するよう、農林水産物・食品の輸出を拡大していくにあたっては、国内の農林水産業・食品産業の潜在的な強みを活かし、国内外の需要の拡大、付加価値の向上等を図ることが必要です。こうした取組において、標準の活用とその国際標準化は非常に有効なツールとなり得ることを、国際標準化活動に携わるバイオ計測技術コンソーシアム事務局長の中江氏を講師として、これまでの豊富な経験・深い認識に基づいて、ご説明いただきます。皆様の今後の事業のさらなる発展の一つのヒントとして、お役立ていただければ幸いです。

  • *なお、本セミナー内容は、2021年2月12日に開催された「専門人材育成のための研修会(令和2年度JASの制定・国際調査委託事業国際標準化人材育成研修)における同タイトル講義内容の改訂版となりますので、以前に参加された方はご留意ください。
セミナー名 農林水産省委託事業令和3年度「JAS等の国際標準化による輸出環境整備委託事業」
国際標準化人材育成セミナー
『国際標準化の戦略と実戦~攻めの農林水産・食品産業の最強ツールの開発』
講師

中江 裕樹 氏

特定非営利活動法人 バイオ計測技術コンソーシアム
事務局長/研究部長
ISO/TC34「食品」/SC 16「分子生物指標の分析に係る横断的手法」/WG 8及び、ISO/TC 276/WG4 のConvenerをはじめ、ISOの専門委員会のエキスパートとしてバイオ分野の標準化を推進している。

開催日時 2022年1月27日(木)10:30~12:00

10:30~11:30:講演「国際標準化の戦略と実戦~攻めの農林水産・食品産業の最強ツールの開発」
11:30~12:00:質疑応答
開催形式 Zoom
参加費 無料
定員 100名
対象者 農林水産業・食品産業で、JASやISOなどの規格化に携わる方、関心のある方、国際標準化に関心のある方
申込方法 セミナー参加申し込み期間:2022年1月11日(火)~2022年1月25日(火)17:00

本セミナーへの参加申し込み締め切りの後、申し込みされた方々に、Zoomのリンクを一斉メール(BCC)にて、2022年1月26日(水)にご連絡いたします。

お申し込みはこちら
お問合せ先 一般財団法人 日本規格協会
農林規格開発チーム 中久木・秋吉
TEL:050-1742-6025/E-mail:jas@jsa.or.jp