アクセス お問合わせ 文字サイズ
En

FSMS 22002plus 審査員

FSMS 22002plus審査員

1.資格基準類

FSMS22002plus審査員追加認証に関係する以下の2文書を2018年4月1日付で改定いたしました。
●食品安全マネジメントシステム22002plus審査員追加認証の資格基準(JRCA F4001)
●食品安全マネジメントシステム22002plus審査員登録申請等各種手続きの手引き(JRCA F5651)


FSMS 22002plus審査員追加認証の資格基準(JRCA F4001)
食品安全マネジメントシステム22002plus審査員登録申請等各種手続きの手引き(JRCA F5651)
FSMS審査員に対する料金基準(JRCA F2000)

2.申請書様式

1)申請書様式(FSMS 22002plus審査員)

2)FSMS 22002plus審査員 申請種類と必要な提出書類の一覧

(1)新規申請(○:必須 △:条件による -:該当なし *:推奨)
提出書類 審査員補 審査員 様式No
a)登録申請書(誓約含む) 様式F1
b)業務経歴書 JRCA F5120-05
c)研修コース修了証の写し (様式なし)
d)有効な審査実績 JRCA F5120-07
e)払い込み記録 様式8
f)顔写真 (様式なし)
g)本人確認資料 (様式なし)
2)格上げ(○:必須 △:条件による -:該当なし *:推奨)
提出書類 審査員 様式No
a)登録申請書(誓約含む) 様式F1
b)有効な審査実績 JRCA F5120-07
c)払い込み記録 様式8
d)顔写真 (様式なし)
(3)資格の維持・更新(○:必須 △:条件による -:該当なし *:推奨)
提出書類 審査員補 審査員 様式No
a)登録申請書(誓約含む) 様式F1
b)有効な審査実績 JRCA F5120-07
c)継続的専門能力開発実績記録 JRCA F5120-09
d)払い込み記録 様式8

備考
  • 本ホームページよりダウンロードした様式が最新版ですので、お手元の用紙が最新版と異なる場合は、ホームページ掲載の最新版をご利用ください。
  • 用紙はすべてWord形式です。

3.料金表

1)料金の振込方法

申請料、年間登録料の振込については申請前に申請料、年間登録料の合計をお振り込みいただき、振り込み記録の写しを 「振込み連絡票(様式8)」 に添付してください。なお登録が認められなかった場合は、年間登録料のみを返金させていただきます。

2)料金

申請区分

FSMS 22002plus
審査員補

FSMS 22002plus
審査員

(1)新規登録 5,400円
(2)格上げ (※1) 5,400円
(3)登録維持 FSMS審査員補 14,040円
FSMS審査員 25,920円
FSMS主任審査員 32,400円
(4)登録更新 FSMS審査員補 21,600円
FSMS審査員 33,480円
FSMS主任審査員 39,960円
注) 維持、更新登録の料金は、FSMS審査員とFSMS 22002plus審査員の両方を合せた料金を表示。内訳は料金基準(F2000)をご参照下さい。

※1 FSMS審査員格上申請と同時にFSMS 22002plus審査員への格上申請をする場合には、この料金は不要です。

3)口座情報

各種料金の振込先銀行口座は以下のとおりです。
項目 銀行口座
銀行名 三菱UFJ銀行
支店名 青山通支店
預金種別 普通預金
口座番号 1800008
口座名義 (財)日本規格協会 審査員登録センター口
ザイ)ニホンキカクキョウカイ シンサイントウロクセンターグチ
※振り込み手数料は各自でご負担願います。
※その他 申請に関する詳細手続については、FSMS審査員の掲載内容をご参照下さい。

4.筆記試験日程

JRCA F4001「FSMS 22002plus審査員追加認証の資格基準」では追加認証の要件の1つとして筆記試験の合格を規定しています。JRCA承認FSMS 22002plus審査員研修コース以外の研修を修了されている方は、下記日程の筆記試験を受験し合格いただくことが必要です。
受験申込に当たっては、申請書をお送りください。申請内容の評価を行って受験票をお送りいたします。

平成30年度のFSMS 22002plus審査員の筆記試験の日程

申請締め切り 試験日程
平成30年度 第1回 平成30年 5月 7日(月) 平成30年 7月中旬
平成30年度 第2回 平成30年 8月20日(月) 平成30年10月中旬

※試験日程詳細は受理通知文書にてお知らせします。

  • 試験時間:50分
  • 出題範囲:ISO/TS 22002シリーズの概要
    ISO/TS 22002-1規格の目的と意図、各条項の概要
    食品防御及び食品偽装の概要
    製造用水など主要で重要な原材料の検査/分析の管理の概要 
  • 試験時の持込み:資料の持込みを可としますが、外部との通信機器の使用はできません。
  • 場所:〒108-0073東京都港区三田3-13-12
    三田MTビル11階
    日本規格協会 会議室
  • 各資料は、オリジナルと同じものを確実に配布するため、PDFという形で配布いたします。PDFファイルについてはサイトポリシーの「6. Adobe Readerについて」をご覧下さい。