アクセス お問合わせ 文字サイズ
En

事業報告サマリー

このページでは日本規格協会グループの前年度活動状況についてご紹介しています。

2018年度は、中長期経営計画( 2017年~2021年度)に基づき、次の活動を行いました。

  • およそ70年ぶりに大改正された工業標準化法(現:産業標準化法)に対応した、認定産業標準作成機関申請の準備。
  • 新たにJISの対象となった、サービス分野の標準化に取り組み。
  • 標準化の多様なニーズに対応すべく、JISをはじめ、国際規格、JSA規格(JSA-S)など、各種規格開発機能の一層の充実。
  • 国内外の標準化関係団体との連携、ジュネーブ共同事務所の開設準備(2019年4月開設)などによる、標準化ネットワークの強化。
  • 各部署の有機的な連携による顧客の拡大、顧客ニーズに合わせた商品・サービスの提供を通じた標準化のトータルソリューションの提供。

 海外の先進的な標準化機関と比肩する質の高い規格開発および普及活動を展開できる組織を目指して、2018年10月に「日本規格協会ソリューションズ株式会社(JSA-SOL)」および「一般財団法人日本要員認証協会(JRCA)」を設立し、2019年4月1日に「日本規格協会グループ」を発足しました。

各事業の詳細は2018年度事業報告書サマリーをご覧ください。