アクセス    お問合わせ   文字サイズ   
En

MS内部監査員

QMS(JIS Q 9001)/ISMS(JIS Q 27001)内部監査員

1.資格基準類

本制度は、組織のマネジメントシステム機能を担う主要な要員として資格基準を設定し認証を行なうものです。制度設立の背景と導入の目的については、こちらをご覧ください。

(既に内部監査員研修の受講実績をお持ちの皆様へ) 登録のために必要な「内部監査員研修」の受講実績は、(所定の要件を満たす内容であれば)過去に実施されたものも含めて有効な実績として認められます。

(マネジメントシステム審査員資格をお持ちの方へ)
既に「マネジメントシステム審査員」の資格を保有されている方が、該当するマネジメントシステムの内部監査員資格を併せ持つ場合は、申請手続き料(5,000円+消費税)のみご負担いただきます。(内部監査員資格の登録維持費用=3年10,000円+消費税が免除されます。)

基準

MS内部監査員としてJRCAに登録するための要件(IA100)、及び手続きの手引き(IA200)をご案内します。

マネジメントシステム内部監査員資格基準およびその関連文書を2018年4月1日付で改定いたしました。
以下に改定の概要を掲載致します。

内部監査員資格基準等の改訂概要

MS内部監査員評価登録制度
資格基準(JRCA IA100)
評価登録手順及び手続きの手引き (JRCA IA200)
異議/苦情申し立ての取扱い手順 (JRCA AC100)

「業務経験のある事業分野」の登録について

2.申請書様式

1)申請書様式(QMS/ISMS)

2)QMS/ISMS内部監査員 申請種類と必要な提出書類の一覧

(1)新規申請(○:必須 △:条件による -:該当なし *:推奨 ※:任意)
提出書類 各MS共通 様式No
a)MS内部監査員登録申請書(誓約含む) 様式1
b)卒業証明書等の写し
c)経歴書 様式2A/2B
d)研修コース修了証の写し
e)有効な監査実績 様式5A
 監査スケジュール
f)払い込み記録 様式8
g)顔写真
h)本人確認資料
i)事業分野申請書 様式2C
(2)更新申請
提出書類 各MS共通 様式No
a)MS内部監査員登録申請書(誓約含む) 様式1
b)有効な監査実績 様式5A
 監査スケジュール
c)継続的専門能力開発(CPD)記録(A) 様式4A
 継続的専門能力開発(CPD)記録(B) 様式4B
d)払い込み記録 様式8
e)顔写真
f)事業分野申請書 様式2C
備考
  • 本ホームページよりダウンロードした様式が最新版ですので、お手元の用紙が最新版と異なる場合は、ホームページ掲載の最新版をご利用ください。
  • 用紙はすべてWord形式です。

3.料金表

1)料金の振込方法

申請料、登録料の振込については申請前に申請料、登録料の合計をお振り込みいただき、振り込み記録の写しを「振込み連絡票(様式8)」に添付してください。なお登録が認められなかった場合は、登録料のみを返金させていただきます。

2)料金

1)申請料、登録料の合計
区分 合計(消費税込) 内訳(消費税込)
申請料 登録料
新規 16,200円 5,400円 10,800円
更新 10,800円 10,800円
注1)当該MS審査員資格(エキスパート審査員、主任審査員、審査員、又は審査員補)をお持ちの方はMS内部監査員の登録料が無料となります。ただしMS内部監査員資格の有効期間中に当該MSの審査員資格が失効した場合には、MS内部監査員資格の登録料を支払う必要があります。
注2)他の資格との併せ持ちについて
MS内部監査員資格とMS審査員資格を併せ持つ場合は、MS審査員資格登録が継続されている期間中、MS内部監査員の登録料が無料となります。また、JRCAで2種以上のMS内部監査員資格を併せ持つ場合は、登録後最初の3年間に限り、2つ目以降のMS内部監査員登録料が無料となります。

2)再発行料
何らかの理由で登録証明書、登録カードの再発行を希望する場合に、必要となる費用(消費税込)。
再発行対象の区分 再発行料(消費税込)
登録証明書、登録カード 各1,080円

3)振り込み時のお願い

1)個人の場合
(a)振込人の名義は登録審査員名(新規の場合は申請者名)と同一名義でお願いいたします。
(b)振り込み名義人の欄には、可能であれば、氏名(「姓+名」)と登録番号(初回申請時は不要)を入力してください。
初回申請時は登録番号の記入は不要です。
例: キカク タロー A01234

2)法人の場合
(a)法人からの振り込みであっても、可能であれば、振り込み人名義の欄に、審査員の個人名と登録番号を入力してください。振り込み人名義の欄に、審査員の個人名で振込みされる場合、法人名は不要です。
(b)法人で複数の審査員の料金を一括で振り込むことは可能ですが、その場合は、一括で振り込んだ記録の写しに、該当する審査員の氏名を全員記載し、その写しを各々の申請書に添付してください。

振り込み後、振り込み記録の写しを「振込み連絡票(様式8)」に添付してください。
振り込み記録には、振り込み名義人、振り込み日付、振り込み金額が記載されていることをご確認ください。振込記録が添付出来ない場合は、「振込み連絡票(様式8)」に所定の事項を記入してください。インターネットからの振り込みの場合は、画面のコピーでもかまいませんが、振り込み記録同様、振り込み名義人、振り込み日付、振り込み金額が記載(手書きでの追記可)されていることをご確認ください。

4)領収書について

領収書の依頼は、「領収書依頼票(様式13)」の「領収書依頼欄」に記入してください。領収書は経理部門から発行いたしますので判定結果通知とは別便となり、判定結果のご連絡より遅れることになります。申請書と別に依頼された場合も、発行が遅れる可能性がございます。なお、申請は審査員のご意志に基づくもので当方から請求する性格のものではないため、請求書は発行しておりませんのでご了承ください。

5)口座情報

各種料金の振込先銀行口座は以下のとおりです。
項目 銀行口座
銀行名 三菱東京UFJ銀行
支店名 青山通支店
預金種別 普通預金
口座番号 1800008
口座名義 (財)日本規格協会 審査員登録センター口
ザイ)ニホンキカクキョウカイ シンサイントウロクセンターグチ
※振り込み手数料は各自でご負担願います。
各資料は、オリジナルと同じものを確実に配布するため、PDFという形で配布いたします。PDFファイルについてはサイトポリシーの「6. Adobe Readerについて」をご覧下さい。