国際標準化支援業務

国際標準化ユニットからのお知らせ

(更新日:2016年12月1日)
  1. 「平成28年度第2回ISO/IEC国際標準化人材育成講座」の受講者募集について
  2. 「MSにおけるISO 26000社会的責任のガイダンスの使用に関するIWA」開催について
  3. 平成28年度第3回ISO上層委員会報告会テキストの掲載
  4. 「ISO/TMBコミュニケ(No.54-2016年9月)」の掲載
  5. ISO/IEC専門業務用指針第2部(2016年版)英和対訳版の掲載
  6. ISO/IEC専門業務用指針第1部及び統合版ISO補足指針(2016年版)英和対訳版の掲載
  7. 「ISO戦略2016-2020」の掲載
  8. 国際標準化専門家による支援事業のご案内
  9. 日本開催の国際会議へのオブザーバー募集について
  10. 「規格のまえがき」(和英対訳)の掲載
  11. 中小企業庁による助成金利用のご案内

 

ISO/IECの規定・政策等 のページより、ISO/IEC関連資料や国際標準化活動に参加する上で役立つ各種資料をダウンロードすることができます。ぜひご活用ください。

1. 「平成28年度第2回ISO/IEC国際標準化人材育成講座」の受講者募集について

(2016年11月9日)
平成28年度第2回ISO/IEC国際標準化人材育成講座の募集を開始しました。
詳細は、「ISO/IEC国際標準化人材育成講座」をご覧ください。
募集は〆切りました。

▲TOPに戻る

2. 「MSにおけるISO 26000社会的責任のガイダンスの使用に関するIWA」開催について

(2016年10月24日)
「MSにおけるISO 26000社会的責任のガイダンスの使用に関するIWA」が開催されます。

開催スケジュール
IWA:2017年3月9日(木)及び10日(金)、ストックホルム(スウェーデン)

上記に先立ちまして、ウェブ会議等が開催されます(10月28日、11月21日)。

Information meeting 1(ウェブ会議):2016年10月28日(金)
*時間帯は下記の2種の選択肢がございます。

   オプション1
   日本時間16:00~17:00 [Friday 2016-10-28 09.00 – 10.00 hours (CET)]

   オプション2
   日本時間21:00~22:00 [Friday 2016-10-28 14.00 – 15.00 hours (CET)]

Preparatory meeting(対面会議及びウェブ会議):
2016年11月21日(月)日本時間21:00~25:00
[Monday 2016-11-21, 13.00 – 17.00 hours (CET)]

詳細スケジュール、会議参加申込は、こちらのご案内を参照ください。

▲TOPに戻る

3. 平成28年度第3回ISO上層委員会報告会テキストの掲載

(2016年10月20日)
平成28年度第3回ISO上層委員会報告会のテキストを掲載いたしました。
詳しくは、報告会・交流会・講演会の「報告会」の「ISO上層委員会等報告会」をご覧ください。

▲TOPに戻る

4. 「ISO/TMBコミュニケ(No.54-2016年9月)」の掲載

(2016年10月19日)
2016年6月に発行されたISO/TMBコミュニケの和英対訳版を掲載しました。
詳細は報告会・交流会・講演会の「ISO上層委員会関連最新情報」をご参照ください。

▲TOPに戻る

5. ISO/IEC専門業務用指針第2部(2016年版)英和対訳版の掲載

(2016年8月18日)
ISO/IEC専門業務用指針第2部(2016年版)英和対訳版を掲載いたしました。
詳細は、ISO/IECの規定・政策等 【2-1】ISO/IEC専門業務用指針(ISO/IEC Directives)をご参照ください。

▲TOPに戻る

6. ISO/IEC専門業務用指針第1部及び統合版ISO補足指針(2016年版)英和対訳版の掲載

(2016年6月27日)
ISO/IEC専門業用指針第1部及び統合版ISO補足指針(2016年)英和対訳版を掲載いたしました。詳細は、ISO/IECの規定・政策等 【2-1】ISO/IEC専門業務用指針(ISO/IEC Directives)をご参照ください。

▲TOPに戻る

7. 「ISO戦略2016-2020」の掲載

(2015年10月20日)
2015年9月にソウルで開催された第38回ISO総会にて、標記「ISO戦略2016-2020」が承認されました。
ISO戦略は5年単位で策定・実施されるものであり、中長期的なISO組織全体の方向性に関わるものです。ISO戦略2016-2020の究極の目標は「どこでも使用されるISO規格」であり、それを実現する方策は「高品質規格の開発」「利害関係者及びパートナーの関与」、更にその手段として「人材と組織の育成」「技術の活用」「コミュニケーション」があります。
ISO戦略2016-2020の策定は、ISO理事会が中心となり2014年3月から開始され、各国のISO会員、地域標準化機関等への諮問期間を経て2015年9月の総会で承認されました。諮問期間中には世界中から100件を超えるコメントが寄せられ、関心の高さが伺えます。日本からもISO理事会日本委員を通じて国内関係者の皆様から寄せられたコメントをインプットし策定に寄与しました。皆様のご協力に感謝いたします。
多くの議論を重ねて策定されたISO戦略2016-2020は実施されねば意味がありません。2016年から始まる5年間、日本としてもISO戦略を指針として、あらゆる場面で国内関係者の皆様のご協力を賜り実施してまいる所存です。どうぞよろしくお願い申し上げます。
ISO戦略2016-2020の対訳版は、ISO/IECの規定・政策等の「【4-1】 ISO/IECの戦略計画」をご参照ください。

▲TOPに戻る

8. 国際標準化専門家による支援事業のご案内

(2015年4月28日)
平成27年度より国際標準化専門家による支援事業を開始しました。

 詳細は、「国際標準化専門家による支援」をご覧ください。

▲TOPに戻る

9. 日本開催の国際会議へのオブザーバー募集について

(2015年4月28日)
平成27年度日本国内で開催するISO/IEC国際会議へオブザーバー参加を希望する方の募集を開始しました。
詳細は、「国内会議参加支援事業」をご覧ください。

▲TOPに戻る

10. 「規格のまえがき」(和英対訳)の掲載

(2014年8月11日)
ISO/IEC規格のまえがき(和英対訳)を掲載しました。
詳細は、ISO/IECの規定・政策等 の【2-2-2】ISO規格・関係文書 作成の参考をご参照ください。

▲TOPに戻る

11. 中小企業庁による助成金利用のご案内

(2014年8月1日)
平成26年度第2回ISO国際標準化研修-中級編(12月10日)は「ものづくり小規模事業者等人材事業補助金」の対象講座となりました。
助成金の申請締切は9月17日です。
詳細は、助成金利用のご案内をご参照ください。

▲TOPに戻る