SAG-S(セキュリティに関する戦略的諮問グループ)の活動

ISOマネジメントシステム

セキュリティマネジメントの標準化


2.SAG-S(セキュリティに関する戦略的諮問グループ)の活動

AGSの勧告を受け、ITUも参加する形でISO/IEC/ITU-T/SAG-Sが設置され、2005年11月から活動を開始しています。SAG-Sでは次のような決定がなされています。

  • 規格作成にセキュリティの側面を導入するためのガイドラインを作成する。
  • セキュリティマネジメント規格は認証を意図しないガイドラインとしてTC223で検討する。
  • TC223の名称を変更(Civil Defense → Societal Security: 市民防衛 → 社会セキュリティ)し、活性化を図る。
  • (緊急事態準備をIWAとすることが不調に終わったことを受け、)TC223で緊急事態準備よりも概念を拡大した緊急事態準備及び業務継続の規格化の検討を行う。