アクセス    お問合わせ   文字サイズ   
En

沿革

沿革


昭和20年 1945 大日本航空技術協会と日本能率協会の各規格担当部門が合併して日本規格協会設立(12月6日)、東京都千代田区の特許標準局内に本部開設
昭和21年 1946 雑誌『規格ト標本』創刊
昭和23年 1948 GHQの指示により外国との規格交換開始
昭和24年 1949 我が国初のQC講習会開講
昭和25年 1950 JIS規格票の発行・頒布開始
昭和26年 1951 JIS原案作成開始
昭和27年 1952 中央区銀座木挽町に本部移転 海外規格ライブラリを開設
昭和30年 1955 英訳JIS頒布開始 標準化講習会開講
昭和33年 1958 第1回標準化全国大会開催
昭和35年 1960 第1回品質月間実施(共催)JISハンドブック(年刊)発行
昭和37年 1962 東京都港区赤坂に日本規格協会ビル竣工
昭和40年 1965 IEC東京大会の事務局設置
昭和42年 1967 第1回Q-S全国大会開催
昭和56年 1981 公示検査実施機関として、通商産業大臣の認定を受ける 「工業標準化品質管理推進責任者講習会」を開講
昭和60年 1985 ISO東京大会の組織委員会事務局設置
平成 6年 1994 財団法人日本品質システム審査登録認定協会(後の公益財団法人日本適合性認定協会=JAB)の第1号認定取得
平成 8年 1996 マネジメントシステム審査員評価登録センターを設置、評価登録サービスを開始
平成11年 1999 IEC京都大会の事務局設置
平成14年 2002 JSAウェブストア開設
平成16年 2004 特定標準化機関(CSB)として日本工業標準調査会の確認を受ける
平成17年 2005 第1回品質管理検定(QC検定)実施 新JISマーク制度開始に伴いJIS登録認証機関協議会(JISCBA)を設立
平成18年 2006 国際標準化100年記念事業実施(共催)
平成24年 2012 一般財団法人に移行
平成25年 2013 港区三田に本部移転
平成26年 2014 IEC東京大会の事務局設置
平成27年 2015 日本規格協会 創立70周年
平成29年 2017 JSA Webdesk開設
規格開発センターを設立