アクセス    お問合わせ   文字サイズ   
En

ごあいさつ



日本規格協会 理事長
揖斐 敏夫

日本規格協会は、『標準化で、世界をつなげる。』というスローガンのもと、標準化の開発・普及・啓蒙活動に取り組んでおります。本年度は、標準化ナショナルセンターとしての更なる基盤強化を図るべく、2021年に向けた中長期経営計画をスタートいたしました。
昨年は、経済産業省の新市場創造型標準化制度に基づき、中小規模企業様の持つ優れた技術・製品に関し、5件の新しいJISを誕生させました。標準化のニーズは時代とともに変わってまいります。社会のグローバル化、情報技術の急速な進歩、高齢化や安全安心といった様々な課題への対応が求められる中、標準化の役割はますます大きくなっております。このような流れを受け、日本規格協会は、2017年7月1日に規格開発部門を強化し『規格開発センター』を設立いたしました。標準化の相談から、規格の作成、そして規格の活用の支援に至るまで、幅広くカバーしてまいります。
くわえて、JIS、ISO、IECなどの公的規格だけでなく、団体規格、コンソーシアム規格、国や地方公共団体の技術標準、標準仕様書、標準報告書など、多様な標準化のニーズにも応えるべく、国際レベルの品質を確保した『JSA規格』の開発をスタートいたしました。現状のJISでは対応できないサービス分野の標準化など、皆様からの要請に柔軟かつ迅速に応えてまいりますので、気軽に相談いただければと存じます。
また、従来から推し進めてまいりましたトータルソリューションの提供につきましては、これまでのウェブストアを一新し、『Webdesk』の名称で、eコマースに加え、標準化に関する様々な情報提供が可能なサイトを立ち上げました。オフラインのみならず、オンラインの世界でも、標準化の幅広い課題に積極的に取り組み、皆様のお役に立てるよう努めてまいる所存です。
引き続き、皆様方のご理解とご支援をお願い申し上げます。