アクセス お問合わせ 文字サイズ
En

規格開発状況

新着情報

  • 2018年10月31日
  • 日本版OHSMS普及推進会議の推奨事項(改訂版)が公開されました
  • 2018年10月05日
  • 日刊工業新聞 特別座談会の掲載について
  • 2018年09月28日
  • JIS Q 45001:2018 関連規格 販売開始のご案内
  • 2018年09月21日
  • ISO45001スペシャルインタビューの更新について
  • 2018年09月14日
  • ISO45001スペシャルインタビューの更新について
  • 2018年09月12日
  • 労働安全衛生マネジメントシステム関連のJIS公示予定について
  • 2018年09月07日
  • ISO45001スペシャルインタビューの更新について
  • 2018年08月31日
  • ISO45001スペシャルインタビューの更新について
  • 2018年06月05日
  • ISO45001関連のJIS原案4件について、日本工業標準調査会(JISC)へ申出を行いました。
  • 2018年03月23日
  • ISO45001スペシャルインタビューの更新について
  • 2018年03月16日
  • ISO45001スペシャルインタビューの更新について
  • 2018年03月12日
  • ISO 45001:2018(労働安全衛生マネジメントシステム)が発行されました
  • 2018年03月09日
  • ISO45001スぺシャルインタビューの更新について
  • 2018年03月07日
  • ISO45001制定に先立ち、ISOより同規格のパンフレット等が発行されました
  • 2018年03月02日
  • ISO45001スペシャルインタビューの更新について
  • 2018年02月23日
  • ISO45001スペシャルインタビューの更新について
  • 2018年02月21日
  • ISO45001 発行予定について
  • 2018年02月16日
  • ISO 45001特集記事について
  • 2018年01月30日
  • ISO45001 FDIS投票結果について
  • 2018年01月12日
  • ISO45001スペシャルインタビューの更新について
  • 2018年01月05日
  • ISO45001スペシャルインタビューの更新について
  • 2017年12月28日
  • ISO45001特設ページ開設について

ISO45001の開発状況と今後の予定

 ISO 45001(労働安全衛生マネジメントシステム規格-要求事項及び利用の手引) は、ISOマネジメントシステム規格の共通テキスト(ISO/IEC Directives Part1, Annex SL)をベースに、OHSAS 18001, ILO-OSHガイドライン、諸外国の国家規格の要素を取り入れ開発されました。
 2016年5月の国際原案(DIS)投票は不承認となり、約3,000件と多数の修正コメントが寄せられました。2016年10月のリトアニア会議、2017年2月のウィーン会議で全てのコメントレビューを終了し、改訂版テキスト(DIS2)が作成されました。
 DIS2の投票は2017年7月、投票したPメンバーの2/3以上が賛成し、かつ、反対は投票総数の1/4以下であり、承認されましたが、専門的変更の提案を含む1,600件以上のコメントが寄せられたことから、最終国際規格案(FDIS)の投票に進むことが決定しました。2018年1月のFDIS投票の結果、国際規格発行に進むことが承認され、国際規格(IS)は2018年3月12日(月)に発行されました。開発期間は53ヶ月でした。


 なお、JISは、2018年9月~10月に発行の予定です。

 現在、厚生労働省ホームページにてISO 45001関連の4規格制定案に関するパブリックコメントの募集が行われております(2018年6月8日から8月6日まで)。

 パブリックコメントの詳細はこちらをご確認ください(外部サイトe-Govが開きます)。


規格開発の手順 PC283※及びWG1の活動
照会段階 DIS2 投票 2017年5月19日~7月13日
DIS2投票結果レビュー
(コメント処理)

FDIS作成の決定
2017年9月18日~23日
承認段階 FDIS投票

承認
2017年11月30日~2018年1月25日
発行段階 ISの発行
2018年3月12日(月)発行
JIS JISの発行
2018年9月~10月予定
※PC283とはISO(国際標準化機構)が設置したPC(Project Committee)で“労働安全衛生マネジメントシステム-要求事項”の規格制定を目指して活動しています。


ISO/TC283(労働安全衛生マネジメント)の設置と今後の活動について

労働安全衛生マネジメント分野の規格を開発する専門委員会ISO/TC283が2018年5月1日に設置されました。
(ISO 45001の制定を受け、ISO/PC283がTCへ移行となりました)
ISO/TC283の幹事国と議長はいずれも英国で、日本はPメンバーとして参加し、日本規格協会が国内審議団体を引き受けています。

本TCでは現在、以下2件の提案がなされています。

1. ISO45001実践ハンドブックの開発
規格ではなくハンドブックのため、開発期間が短く、2019年12月発行を目標としています。

2. 職場の心理社会的リスクのマネジメント
ISO 45001の大枠内で、精神的な安全衛生管理のガイドライン文書の開発を目指す提案です。開発期間は36ケ月となっています。
日本で関連するテーマとしては、働く人のメンタルヘルスや、ストレスチェック、ハラスメントなどがあげられます。

第1回ISO/TC 283総会及びWG会議は2018年9月17日~21日に英国/コベントリで開催され、上記提案項目について規格素案検討を行いました。
第2回ISO/TC 283総会及びWG会議は2019年3月に米国/ダラスで開催し、規格原案のコメント処理が議論される予定です。

その他、当該分野における規格類(一部)

各資料は、オリジナルと同じものを確実に配布するため、PDFという形で配布いたします。PDFファイルについてはサイトポリシーの「6. Adobe Readerについて」をご覧下さい。